トップページ | 成り行きにまかせる »

まず一本の線をひく

多くのスケッチは「線」でできています。世界中のたくさんの人が、楽しいからという理由で線を描いている。一本の線をひかないとスケッチは始まらない、かどうかわかりませんが、世界中のたくさんの人たちが、まず一本の線を気持ちよく引くことで、スケッチを開始しているはずです。
 手近な筆記具で、線を描いてみてください。できるだけ長く、ゆっくりと。仕事や日常生活で描く線とは違う、貴方だけの線をみつけてください。スケッチの楽しさ100倍(当社比)です。

ウマくないとだめとか、ヘタがいいとか、そういうことではなく、線を描くのが楽しい、色を塗るのが楽しい、というのがまず基本にあるはずで、難しい技術的な事は後回し、または無視して、楽しいスケッチを描くことはできないのでしょうか。出来るような気がするのです。

そのへんにある紙にペンで、線を描いてみてください。楽しいスケッチ=タノシイスケッチをはじめましょう。

20070412 メモ用紙にサインペン
74mm×104mm


Qa_1

:こういうのは普通スケッチではなく「らくがき」といいませんか?

:どっちでもいいんじゃないでしょうか。この線は気持ちよく描けましたし。

:楽にスケッチが上達する方法はありますか?

毎日欠かさず朝晩納豆を食べるといいという噂もありますが、まず「上達」することばかり考えないで、楽しむことを優先してみませんか。

|

トップページ | 成り行きにまかせる »

気楽に描くためのヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず一本の線をひく:

トップページ | 成り行きにまかせる »