« 貴方の線が分割した面を塗りつぶす(塗り絵画法) | トップページ | 見慣れているモノの見慣れない形 »

貴方にとっての面白い形をみつける

見えたままの平らな(平らと想定した)形を紙に描き写せれば、スケッチはできます。でもそれが難しいから描けないのだ、ということになります。見えているのはただの形でしかないと思いこみましょう。立体を構成する一部であるということは忘れましょう。
「練習」というのは無しにしたかったのですが、ヒントとして、次のようなことをしてみてはいかがでしょうか。

Rensyu_1
古新聞とサインペンを用意してください。新聞記事でも広告でも、スーパーのチラシでも構いませんが写真を探します。そして、その写真の中で気になる部分(気にならない部分でもいいですが)をサインペンでなぞってみてください。写真に写っているものの意味を離れた、ただの線ができると思います。
Fig1_1 (上)家具の広告。テーブルと椅子のセットです。このテーブルの形に注目してみましょう。

(中)テーブルの形をなぞります。つぶれた四角形です。四隅が直角のテーブルがこのように見えている、とは考えず、あー、つぶれた四角形だー、と、ぼーっと見てみる。なぜこのような形に見えるのか、考えないようにします(笑)。

(下)その、つぶれた四角形の部分だけを別の紙に描き写してみましょう。もはやテーブルの一部には見えず、単なる潰れた四角形です。見えているのはこの形だけなのです。

写真からではなく、現実のモノや風景からも、同様に形を抜き出すことができます。それを紙の上に描いていけばよいのです。

Qa_5

:どうでもいいですが上の図、サインペンでなぞっていませんね。

:すみません、時間の都合で画像ソフトを使いました。

:上の練習、かなり難しいと思いますが。

:そうかもしれませんが、やってみないとわからないと思います。簡単かもしれないし。

Hata 新聞に掲載されていた、ブッシュ大統領と握手する某首相の写真から、背景に写っている日の丸の旗の一部分。

これは写真をなぞるところを省略していきなり紙に描いてみました。円形の一部分には見えませんが、日の丸を知らない人には写真を見ても円形の一部には見えないから同じ事ではないでしょうか。

コピー用紙にサインペン、サクラクーピーペンシル

|

« 貴方の線が分割した面を塗りつぶす(塗り絵画法) | トップページ | 見慣れているモノの見慣れない形 »

気楽に描くためのヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴方にとっての面白い形をみつける:

« 貴方の線が分割した面を塗りつぶす(塗り絵画法) | トップページ | 見慣れているモノの見慣れない形 »