« 見慣れているモノの見慣れない形 | トップページ | ボールペンを「事務」から解放する »

スケッチを描く紙

クレヨンで色をつけることを考えると画用紙ということになりますが、ペンだけで描くなら何でも使えるものはつかってみましょう。スケッチブック、クロッキーブックなどは画材店で入手できます。コピー用紙、メモ用紙などは文具店やスーパーでも売っています。白紙のノートでもいいですし、描けそうなものは何でも使ってみてください。レシートの裏に描いたこともあります。何も描けないよりマシですから。

旅行に持っていってスケッチを、というような時は表紙がしっかりとしたスケッチブックのほうが使いやすいと思います。

N200704211クロッキー(休憩中のモデルさん)

使用した画材は

オリオン クロッキーブック CR-A6
(約10.5×15cm)

パイロットサインペン直液式 P-S-VSP-B
(これは現在入手できないようです)

クレオラ クレヨン
(アメリカ製の子供向けクレヨン)

|

« 見慣れているモノの見慣れない形 | トップページ | ボールペンを「事務」から解放する »

画材・道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケッチを描く紙:

« 見慣れているモノの見慣れない形 | トップページ | ボールペンを「事務」から解放する »